マンション投資を考えているアナタへ|セミナーで正しく学ぶ

グラフ

日本の人口は減少傾向

地方は人口が減少している

不動産

アパート経営が失敗する事例は幾つもありますが、これからの地方のアパート経営はとても難しくなります。地方は人口が既に減少傾向に入っています。また、20代から30代の結婚適齢期の人口も少なくなってきており、世帯数も減りつつありますから、その為、アパート経営は成り立たなくなるかも知れません。地方には大きな工場が幾つも有り、そこの従業員を目当てにアパートが次々と建てられて、大家さんも喜んでいたのですが、工場も経営の合理化による閉鎖や規模縮小が始まり、一気に借りてがいなくなる事が事例として出始めています。この様にアパート経営に失敗する方は、まだ、少ないのでしょうが、これからの人口減少を考えるとアポート経営は難しくなってくるかも知れません。

古くなると退去が増えます

アパート経営は、相続や老後の年金に加えて少しでも収入を増やして、安定的に暮らしたいという方がアパート経営に乗り出しています。失敗される事例では、退職金を全てアポートの建築費に充ててしまい、入居は最初の頃は満室でそこそこの利回りで良かったのが、近隣にも新築のアパートが完成し家賃も低く抑えているため、新しい入居者はそちらへと流れてしまい、空室が発生し思った収入にならなくなっていることを¥があります。また、軽量鉄骨で造られたアパートは建築から10年を過ぎると急に外壁などの痛みが発生してきます、修理しないと入居者は集まらないし、居住者も退去が多くなってきますので、丁度利益が出始める頃にお金が必要になってしまう事例が多くなっています。このように失敗しない為にも十分にアパート経営は検討されて下さい。

Copyright©2015 マンション投資を考えているアナタへ|セミナーで正しく学ぶ All Rights Reserved.